TOP>>企業情報>>雇用環境
当社の基本は受託設計業務です。この業務は技術力を前提としますが、お客様の頭の中にあるイメージを目に見える形に著わすことが最終目的です。
そのためには、先ずお客様の信頼を得ることが前提となります。「技術を売る前に人格を売れ」が、当社の基本的な考え方です。
・・・そうです。当社は「サービス業」です。
出向や派遣は客先に駐在するためこの考え方が更に強く求められます。
当初技術力が多少低くても性格の良い技術者は客先に育てられ、大きく育っております。
又、技術者として伸びるかどうかは現在の技術力ではなく、日々の出来事を大きな刺激として感じ取り、工夫を重ね最適解を得る努力をするとともに、問題を発掘する姿勢を持ち続けるかどうかです。
skillよりwillの強い人がターゲットです。
当社は、現在波力発電タービンの開発中ですが、2009年からは実用サイズのモデルの試作を開始しますので、ここでは検査,組立指導,営業,購買,生産管理当のスタッフが必要になります。
この事業は国も地方も消極的ですので、人類のためには絶対必要との信念のもと、需要を掘り起こし,法律を変えさせても推し進める覚悟のある人材を求めます。

当社の経営組織は、管理部門は極力小さく、権限は客との距離に比例、階層のないフラット組織とする。言うなれば「小さい政府の民主主義国」で、しかも「ガラス張り経営」です。
経営状況はもとより各人の給与までセンターファイルに蓄積し社内に公開しております。
 現在は受託設計と技術者派遣を行う技術サービス部門だけで総勢48名の零細企業ですが、この二つは循環型の人材育成により細胞分裂を続ける仕組みができております。
尚、06年5月より人材育成を得意とするコンサルタント企業インキュベックス(株)を中核とする人材ビジネス協業組織ジョブ・シティー・グループに参加し日々研鑚を重ねております。

当社には労働組合はありませんし、将来も持つつもりはありません。その代わり組合を持つ大企業の労働条件に倣った就業規則を作っております。
但し、給与規程、 賞与算定基準だけは当社の置かれた環境に合わせざるを得ませんでした。
当社の給与の考え方は成果主義ですが、毎月の収入は年功序列型で決めておりますので、生活は安定しております。この互いに矛盾する考え方をどのように結びつけるのかを簡単に説明すると当社には人事考課はありません。
各人の評価はお客様が売上高という形で数値化してくれますので社内では売上高をどのように分解するかのルールを作り、各人に配分するだけです。
これから各人の人件費を控除し残りをボーナス時に清算する方式で、非常に単純化しております。
ここで問題になることがあります。それは“どのお客様に関わるか?”であり“運の良し悪し”が収入を左右します。この件は“運”を能力の一部と見なすことで割り切ることにしました。すべて事前のルールにより計算可能とし、複雑でどう評価されたかわからない傾向の強い人事考課は過去のものとしました。